熊本の注文住宅はシアーズホーム/ハウスメーカー・工務店/注文住宅で建てる一軒家

構造・工法 パワープロテクト工法

構造・工法 パワープロテクト工法

暖かく涼しい。
そして、丈夫な家

家のすみずみまで快適に。
すべての家に優れた断熱性能を

家全体を泡の断熱材で包みこみ、心地よい住宅空間を実現

シアーズホームの注文住宅は、家の中の快適な空気をにがさず、家の外の暑い・寒い空気を遮断する工法を採用しています。一年中、すごしやすい生活空間の家には、理由があります。

断熱・気密

AQUA-A-FORM
アクアAフォーム

泡の断熱材で家を隙間なく包みこみ、温度変化の少ない、快適なお部屋に

アクアAフォームは、水を使って現場で発泡させる断熱材です。優れた断熱効果が特長で、外気とのムダな熱交換を安定して防ぎ、室内全体を温度差のない快適な空間に。建築中の構造材に直接吹き付け発泡させるため、ダクトや配管など小さな隙間ができやすい細かな部分でも、しっかりと密着して気密性を確保。家の劣化を早める原因となる壁内結露のリスクも大幅にへらします。人にも環境にも優しいノンフロン・ノンホルムなことも嬉しい特長のひとつです。

遮熱・結露防止

AQUAIR-SILVER
アクエアーシルバー

屋根の熱気・冷気を抑え、家の中の湿気を上手に排出。「暑い・寒い」から室内を守ります

室内からの湿気の排出、屋根面の熱の緩和などの目的で設置する通気スペーサー。シアーズホームでは、屋根側にあたる面をアルミでコーディングした通気スペーサー「アクエアシルバー」を採用。アルミが赤外線を反射することで、屋根内部の急激な温度上昇・低下をおさえる遮熱効果を発揮します。また、アルミのコーティングにより、耐久性もアップ。長い期間にわたり、遮熱効果を維持することが可能に。

遮熱・結露防止

AQUA-SILVER-WALL
アクアシルバーウォール

壁の中の湿気を抑え、結露を防止。壁を熱気・冷気から守り、室内温度を快適に保ちます

壁内の通気スペーサーにも、表面をアルミコーティングした、透湿・防水・遮熱シート「アクアシルバーウォール」を採用。「アクエアシルバー」同様、アルミが赤外線を反射することで、壁内部の急激な温度上昇・低下をおさえる遮熱効果を発揮。室内の冷暖房効率が大幅にアップし、省エネ効果も期待できます。もちろん、通気スペーサーとしての役割もしっかりと果たし、壁内部の湿気を排出し、結露を防止。住宅寿命の維持に貢献します。

断熱・遮熱

Low-E-GLASS
ペアガラス

窓からの冷気・熱気の侵入を防ぎ、室内の快適な空気をのがしません

窓には、夏の強い日差しを防止し、冬は家の中の暖かい空気を逃がさない2層のガラス「ペアガラス」を採用。夏の強い日差しの約60%をカットし、熱気の侵入を防ぐ遮熱効果で、冷房効果を高めます。冬は、室内の暖かい空気が外へにげることをやわらげる断熱効果を発揮し、室内の環境をいつも快適に保ちます。また、雨・風にさらされる外側のガラスには、アルミ形材を採用し、耐久性にも優れています。

断熱・遮熱

ENTRANCE-DOOR
玄関ドア

玄関も暖かく涼しい快適な空間に。冷暖房効率アップにも貢献します

高い断熱性能を持った玄関ドアを採用。玄関ドアの内部に断熱材をはさみこんだ構造で、快適な空気が外部へにげることを防ぎます。ドア表面は、優れた遮熱効果を発揮する遮熱鋼板のため、室内の冷暖房効効率アップに貢献。また、室内外の温度差から生じる玄関ドアの熱反りも軽減。耐久性に優れた点も特長のひとつです。

省エネ基準適合の家

国が定めた新しい省エネ基準を大幅にクリア

2020年から適合義務化が予定されている、国が定めた新しい「省エネ基準」。シアーズホームの注文住宅は、「外皮平均熱貫流率(UA値)」「冷房時の平均日射熱取得率(ηA値)」「相当隙間面積(C値)」のすべての基準値を大幅にクリアする、新しい時代の省エネ・エコ住宅です。※下記の当社計算値は、シアーズガーデン浜線南10号地モデルハウスで計測した結果です。

2020年 省エネ基準

外皮平均熱貫流率 UA値

外皮平均熱貫流率 UA値

数値が小さいほど熱がにげにくく、断熱性能が高くなります。

2020年 省エネ基準

冷房時平均日射熱取得率 ηA値

冷房時平均日射熱取得率 ηA値

数値が小さいほど熱が入りづらく、遮熱効果が高くなります。

2020年 省エネ基準

相当隙間面積 C値

相当隙間面積 C値

数値が小さいほど気密性が高く、熱がにげる隙間のない家といえます。

家族を守る丈夫な家

安心して暮らせる、耐震・耐久性に優れた構造・工法

シアーズホームは、長く安心して暮らせる丈夫な家を提案します。安定性や耐久性はもちろん、耐震性にも優れた注文住宅を建てるため、信頼性の高い構造・工法を採用しています。

鉄筋コンクリート製ベタ基礎

鉄筋コンクリートのベタ基礎が、家の荷重をしっかりと支え、地震などから家を守ります

大切な家を支える土台となる基礎部には、立ち上がりに加え、底盤部分にも鉄筋を配したベタ基礎工法を採用。建物の荷重を面で支えることにより、不同沈下に対する耐久性や地震に対する耐震性を確保しました。床下全面は、鉄筋コンクリート構造のため、湿気をおさえ、夏の梅雨の時期でも湿気を気にせず、快適に暮らすことができる構造も特長のひとつです

優れた強度・耐久性の構造材

高い強度・優れた耐震性を持つ構造材で安心の住まいを実現します

主な構造部には、高強度・高精度で乾燥・収縮によるゆがみの少ないエンジニアリングウッドを使用。特に耐久性が求められる土台には、対腐朽性に優れた桧KD材を、柱や筋交いにはレッドウッド集成材や杉集成材を採用しています。最新のCADシステムによる正確なブレスカット加工で、建築後の「くるい」をなくし、災害時にも高い耐久性を発揮。高品質の構造材と最新の技術が、丈夫な家をつくりだします。

建物の水平剛性を高める剛床工法

床を面で支え、地震や台風に強い剛床工法を採用

耐震性能に優れた「剛床工法」を採用。地震や台風に備えて建物の床の耐性は強くしておきたいポイント。「剛床工法」は、床を面で支えることで、建物の水平剛性を高めています。そのため、一般的な「根太工法」に比べて、「剛床工法」は横方向にかかる力に強く、地震や台風時に建物が受ける床面の横揺れやねじれを抑える効果があります。また、床のたわみを軽減し、床鳴りを抑えるメリットも持ちあわせています。

耐久性・防錆・防蟻性も備えた鋼製束

鋼製束でサビやシロアリを寄せつけず、家の耐久性を向上

床を支える床束には、サビに強く、シロアリも寄せつけない鋼の「鋼製束」を採用。コンパクトながら1本あたり3トンの重さに耐える優れた耐荷重性を持つ縁の下の力持ちです。鋼製の部材のため、屋内では100年以上の耐久性が望め、長い期間、安定して、大切な家を支えます。有害物質の入っていないエコメッキされた鋼製束です。

どうしてパワープロテクト工法?

健康面・経済性・耐久性に着目し、わかりやすく解説します

シアーズホームの家の特長でもあるパワープロテクト工法。暖かく涼しい、丈夫な家を実現するパワープロテクト工法の必要性を視点を変え、健康・経済性・耐久性の3つのテーマに分けて解説します!

知ってましたか?熊本は北海道より寒いんです!

ほとんどの方が知らない事実があります。それは、「熊本・福岡は北海道より寒い」ということ。ただ、北海道より寒いといっても、気温ではありません。寒いのは「室温」なんです。

2011年のウェザーニュース社の調査によると、実は、年間平均室温が全国で一番高いのは、北の大地・北海道。逆に、温暖な熊本の年間平均室温は全国37位なんです。熊本は温暖、というイメージがありますが、家の中は、決して暖かいとはいえず、むしろ寒い地域といえます。これは、九州のほかの県も同様です。

室温が低いと、健康に深刻なダメージを与えることも。イギリス保健省のデータによると、脳卒中や心筋梗塞、肺の抵抗弱体化など、さまざまな健康被害の原因となることがわかっています。そうした健康被害を受けると、健康寿命の低下につながるリスクにつながります。

健康寿命とは、介助なしで生活できる寿命のこと。日本人の平均寿命は、男性で約79歳、女性で約86歳。一方で、健康寿命は、男性で約70歳、女性で約73歳です。つまり、男性で約9年、女性で約13年は、誰かの介護なしでは生活できないということになります。

誰でも、介護なしで暮らせるならば、そうしたいものですよね?

介護が必要になると、暮らす場所が自宅にしても、それ以外にしても、家族には経済的・精神的負担に。介護は自分ひとりの問題ではありません。しかし、室温を改善する実験を行ったところ、健康寿命が約4歳改善されるという結果が出ています。室温が高くなれば、介護なしで過ごせる期間が長くなるということです。室温の上昇は、健康寿命を延ばすだけではなく、アレルギーやアトピーなどを改善する効果も。

シアーズホームのパワープロテクト工法なら、一度、暖めた空気は冷めにくく、長時間暖かい室温を保つことができます。そのため、健康被害を受けるリスクをへらすことができ、介護による自分や家族への負担のリスクを下げることができます。

家のお風呂場で亡くなる方は
交通事故でなくなる方よりも多い

冬場の家の中で、特に温度差がでやすいのは脱衣所。実は、冬場の脱衣所は要注意です。暖かいリビングから寒い脱衣所へ行った時の温度差は、人の命を奪ってしまうこともある恐ろしいもの。寒い脱衣所で衣服を脱いだ時の温度差が引き金となる「ヒートショック」が原因で、入浴中に亡くなる人が大勢います。その数、年間17,000人。この数は、交通事故の死者数のなんと3倍以上です。

リビングの温度が23℃、脱衣所が8℃の場合、温度差は15℃。その後、40℃のお湯に入浴したとすると、その温度差は32℃にもなります。人の血管は、寒いと縮んで血圧が急激に上がります。いっぽう、暖かいと血管は緩み、血圧は急降下します。急激な温度変化がもたらす急激な血圧変動が「ヒートショック」で、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因ともなるのです。

パワープロテクト工法は、外の断熱と遮熱を行うことで、外の冷たい空気の影響を受けにくい仕組みです。だからエアコンのない部屋でも温度変化は少なくなり、ヒートショックで命を落とす可能性を低減することができるのです。

じわじわ上がる電気代...ランニングコストって大切です。

電気代って、実は上がり続けていることをご存知ですか?経済産業省が発表している資料によると、2010年から2014年までの4年間で、電気料金が約25%も値上がりしています。しかし、残念ながら、ジワジワと上げられているので、そうそう気付くことはありません。このまま電気料金が上がり続けたらどうなるのでしょうか?

そこで、対応策のひとつが太陽光パネルを活用した自家発電。太陽光パネルをつかって自家発電をしていれば問題ありません。しかも、高性能な家なら、光熱費を抑えることもできます。上がり続ける電気料金を、ご自分でどうにかすることはできません。しかし、高性能な家に太陽光パネルを載せることで、電気料金が上がっても問題ないようにしておくことはできます。

つまり、(1)価格が安い普通の家を買って、高いランニングコストを払う。(2)高性能な家に太陽光パネルを載せてランニングコストを安くする。この2つの選択肢を家を建てる前に検討する必要があるんです。あなたなら、どちらを選ぶべきだと思いますか?家を建てる時は、建物本体の価格だけではなく、月々のトータルの支払いがいくらかかるのかという視点の検討も必要です。

シアーズホームで採用している「暖かく涼しい丈夫な家・パワープロテクト工法」は、エアコンの使用を抑えることができ、光熱費を上手にコストダウンすることができます。太陽光発電を搭載することで、家庭で使う電気をすべて自家発電でまかなう「光熱費ゼロ」を実現することも可能です。

長持ちしない家?家のガンといわれる結露のお話。

まずは、結露ができる仕組みを簡単に説明。コップに冷たい飲み物を注ぐと、コップのまわりに水滴がつきますよね。その水滴が「結露」です。コップの中と外の温度差が大きいと結露が発生します。結露はもともと空気中にある水蒸気で、通常は目に見えないもの。でも、実は、このコップのまわりに水滴がつく現象と同じことが家の中でも起きるんです。そして、この結露が「ある場所」に発生すると、家のガンと呼ばれるほど、建物に悪影響を与えるんです。

その場所というのは、家の壁の中。夏冬などの屋内と屋外の温度差が大きい時に、壁の中の空気に含まれる水蒸気が結露となります。そして、この壁の中の結露は「壁内結露(へきないけつろ)」と呼ばれています。

結露ができる仕組みをおさらいしたところで、次は、壁内結露が、建物に与える影響をみてみましょう。

ほとんどの住宅の壁の中には、断熱材が使われていて、その断熱材の種類は、大きく分けて2つあります。ひとつは、見た目が綿のような繊維系の断熱材。建築現場で、ひとつひとつカットして壁に埋め込んでいくタイプの断熱材です。そして、もうひとつは、見た目が泡のような発泡タイプの断熱材。こちらは、建築現場で直接、壁の中や床下にあたる基礎部分などに直接吹き付けていくタイプの断熱材です。どちらも新築時には、高性能の断熱効果を期待できますが、実は、時間が経つと断熱効果に大きな差が出てきます。

長い期間の断熱性能を維持することがむずかしい断熱材のタイプは...繊維系の断熱材です。実は、日本の家の90%近くで使われている断熱材は、この繊維系のもの。繊維系の断熱材の場合、さきほど冒頭で登場した「壁内結露」ができてしまうと、断熱材が壁の中で発生した湿気を吸い込んでしまいます。そして、水分を吸収し、重くなった断熱材は、その重さで縮んでしまい、だんだんと壁の中の下の方へ落ちていってしまいます。その結果、壁の中に隙間ができてしまい、家の断熱性能も落ちてしまうんです。建築工事の時に、隙間なく断熱材をはめ込んでいても、これでは、断熱材本来の性能を発揮することができません。たとえば、エアコンを入れているのに部屋がなかなか暖まらない...ということが起き、光熱費の負担もだんだんと増えていくリスクがあるというわけです。

日本の多くの家が抱える壁内結露による断熱性能の低下リスクを、吹き付けタイプの断熱材なら、防ぐことができます。そして、シアーズホームの「暖かく涼しい丈夫な家・パワープロテクト工法」で採用している断熱材は、吹き付けるタイプの断熱材・アクアフォームです。

この泡の断熱材・アクアフォームにはふたつの特長があります。(特長その1)壁内結露が起きにくい...アクアフォームは湿気を通しにくい素材でできています。また、壁の中に隙間なく断熱材を吹き付けるため、結露そのものが発生しにくくなっています。(特長その2)密着性が高い...従来の繊維系断熱材は、現場でカットしてはめ込むため、施工の精度によっては小さな隙間ができやすく、その隙間で壁内結露が発生するリスクがありました。アクアフォームの場合、建築現場で泡状の断熱材を直接吹き付けるので、細かい部分にも隙間なく充填でき、密着性も優れているため、断熱材が壁の中で下に落ちてしまう心配もありません。安定した断熱効果が長い期間、得られます。

このふたつの特長により、壁内結露が発生するリスクを大きくへらすことが可能になります。新築当時の優れた断熱性能を、長期間にわたって、維持できるのがアクアフォームの特長です。

暖かく、涼しい。
そして、丈夫な一軒家。

グループ総数・施工実績4000棟以上。シアーズホームが建てる注文住宅は、長く快適に安心して暮らせるパワープロテクト工法の家。