シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

ボーナス返済を使わないほうがいい人の特徴とは?

この記事は約1分59秒で読めます

4019400_s

こんにちは。シアーズホームの吉野です。
住宅ローンの返済方法の1つにボーナス返済があります。ボーナス返済とは、年に2回のボーナスの月に毎月返済額とボーナス返済額を合計した金額を返済するという方法です。ボーナス返済を使えば、毎月の返済額を減らすことが可能で、毎月の生活費に余裕を持たせることができます。
しかし、ボーナス返済にも利用する際の注意点があります。今回は、ボーナス返済のメリットや注意点についてと、ボーナス返済を利用するのに向いている人、向かない人についてお話しします。

 

ボーナス返済のメリット

①毎月の返済額を減らすことができる

ボーナス返済を使う場合、借入額を毎月返済で返す分と、ボーナス返済で返す分に振り分けます。そのため、毎月支払う金額を少なくできるんです。

図2

この場合、毎月の支払いは14,114円の差額が生まれます。

②ボーナス返済をする月の変更が可能

金融機関によって異なりますが、ボーナス返済をする月は、勤務先のボーナス支給月に合わせて設定することができ、また転職などでボーナスの支給月が変更した場合のボーナス返済月の変更も可能な場合がほとんどです。

 

ボーナス返済の注意点

f4be359564649a5dfd89159043e52bcc_s

①ボーナス月の負担が大きい

ボーナス返済を行う月は、毎月の支払いにプラスしてボーナス返済分を支払うことになります。そのため、確実に決まった金額のボーナスが出るとは限らない職業の場合は、ボーナス月の支払いが負担になることもあるんです。

 

②ボーナス返済に回せる割合には上限あり

ボーナス返済に借入額の何割まで回せるかなどの条件は、金融機関によって異なり、またその商品内容によっても違ってきます。

 

③支払い方法の変更は難しい

金融機関によっては、ボーナス返済の割合を変更できる場合もあります。しかし、一般的に一度組んだローンを変更する場合、改めて審査や手続きが必要になります。加えて、ボーナス返済額を減らす、無くすといった場合はボーナス返済を増やす場合より、審査も厳しく、手続きも複雑になることが多いため、注意が必要です。

 

ボーナス返済に向いている人・向かない人

3374229_s

①向いている人

・住宅ローンの返済に余裕があり、年収に占めるボーナスの比率が高い人
・公務員や年俸制などでボーナス支給が安定している人
・クレジットカードのボーナス払いを使わない人

②向かない人

・ボーナスのない自営業者
・契約社員
・勤務先の業績によってボーナスの支給額の変動が大きい人
・転職を考えていて、将来のボーナス支給額が不透明な人

ボーナス返済は、毎月の支払いには余裕が出ますが、ボーナス返済月の負担は大きくなるため、確実に支払えるかどうかを考えて利用しましょう。

 

まとめ

今回はボーナス返済のメリット・デメリットとボーナス返済を利用するのに向いている人・向かない人についてお話ししました。ボーナス返済を利用する際は、将来の生活をしっかり考えて無理のない返済となるよう設定しましょう。

 

熊本の注文住宅 シアーズホーム 吉野

関連記事

  1. 93de34badc00df1b489fe3be2e052da5_s
  2. 7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_s
  3. b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_s
  4. 【家の建て時】早ければ早いほど得‐その2
  5. 1342807_s
  6. 056c3df41852f202245c37ac2e80b1b7_s

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031