シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

住宅ローンの返済期間はできるだけ短いほうがいい?

この記事は約1分23秒で読めます

 

住宅ローンの返済期間はできるだけ短いほうがいい?

住宅ローンの返済期間。
20年で返す人もいれば35年で返す人もいます。

では、もし住宅ローンを20年で返せるなら
返したほうがいいんでしょうか?

答えは、「あまりオススメできない」です。

 確かに返済期間が短いと支払い総額も少ない

仮に3000万円を金利1.25%で借りた場合、
総支払額はこうなります。↓↓

20年で返す場合の総支払額 / 3392万円

35年で返す場合の総支払額 / 3705万円

20年で返す場合と35年で返す場合の差は313万円。

「なんだやっぱ短くしたほうがいいんじゃん。」
と思いませんか?

しかし、それがオススメできないんです。

 住宅ローンの支払い期間は短くできても延ばすことはできない

たとえば住宅ローンを35年で組んだとします。
コツコツ繰上げ返済をして、30年で完済。

長く組んで後で短縮する。これは可能です。

しかし、住宅ローンを20年で組んだとして、
支払いがきつくなったから支払い期間延ばす。

短く組んで、あとで延長する。これはできません。

つまり、「返済期間は長くしておいて、余裕があったら短くする」としたほうが、圧倒的にリスクが少なくなります。

短い期間で払う=一回の支払いが多い

先ほどの条件だと、月々の支払いは下記になります。

20年で返す場合の月々支払額 14万1,340円

35年で返す場合の月々支払額  8万8,225円

その差はなんと5万円以上。

「まぁそれくらいなら」と思っても、
後々重く圧し掛かってくるかもしれません。

例えば家を建てるときは子供が小さいので
教育費はほとんどかかりません。

しかし、10年も経つと高校生になって、
月々数万円掛かる場合も。

こんなとき、家計が無理しないように
しておきましょう。

 まとめ

住宅ローンは短縮はできても延長はできない

返済期間が短ければ短いほど、1回あたりの支払いは多くなる

長く借りておいて、余裕があれば繰上げ返済する方法がオススメ

家を建てて10年後ぐらいに住宅ローンの支払いで
冷や汗をかかないように気をつけましょう!

熊本の注文住宅ならシアーズホーム
丸本

関連記事

  1. 8737658496c54666d7bc9a38cd06b885_s
  2. 31b8fb858994f4e7322ad068da7e3bf0_s
  3. 290d55c441a11c0272efb0c74c965ca9_s
  4. 1
  5. 444910_s
  6. a

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031