シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

寝室を作る際のポイント

この記事は約1分24秒で読めます

8ecb323b0632f3aa0a24dc27ab80781c_s

家の中で最も過ごす場所は「寝室」です。
寝ている時間はあっという間に過ぎていきますので気付きにくいですが、
寝室にいる時間は思っているよりも長いです。

最も長く生活する場所ですので、生活しやすい空間にしたいですよね。

リビングなどにはこだわる方が多いですが、寝室に関しては特に気にせずに家が完成してしまうということがよくあります。

そこで今回は快適な寝室の作り方を紹介します。

寝室の広さって?

寝室は広すぎると落ち着かず、狭すぎると生活しにくいという特徴があります。

6.0帖

2人で寝る寝室の場合、6.0帖くらいは最低でも欲しいです。
6.0帖の場合だとダブルベッドを置いても、両側に通路を設けることができます。
しかし、テレビなどを置くことによって窮屈に感じることもあるかもしれません。

寝室の広さを6.0帖にする家は結構多く、
30坪前後の家だと、このくらいの広さがバランスがいいです。

8.0帖

8.0帖の広さをとれるとかなり余裕をもった寝室にすることができます。

テレビなどを置いても特に問題なく利用できます。

35帖の家だと、8.0帖あるとバランスがいいと言われています。

10帖

10帖の寝室だとちょっとしたリビングくらいの広さになり、ベッドだけでなくソファを置いたりもできます。

10帖の寝室にベッドだけ置くとかなりスペースができてしまいますので、
読書が好きな方は書斎を設けたり、お酒が好きな方は小さなバーカウンターを書斎に付けるという方法もあります。

ベッド派? 布団派?

寝室を作る際はベッドで寝るのか床に布団を敷いて寝るのかも大事なポイントになります。

ベッドで寝ていると人が大半だと思いますが、布団派の方は無垢のフローリングをオススメします。
新建材のフローリングだと布団とフローリングの間に湿気が溜まってカビの原因になりますが、
無垢のフローリングだと湿気が溜まりにくく、布団や床にカビができにくいです。

布団派の方はぜひ無垢フローリングにしましょう。

まとめ

今回は寝室の広さをメインで説明しました。
寝室は家の中で最も長く過ごす場所ですので、しっかりと考え快適な空間にしましょう。

熊本の注文住宅ならシアーズホーム
島田

関連記事

  1. 「家づくり」が資料請求で止まっているあなたへ

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2016年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031