シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

子どもも家には不満を感じる!? 子ども部屋の丁度いい大きさとは。

この記事は約1分20秒で読めます

d2a7bb600ee2c93d0c917cd50632b2fb_s

ほとんどの子どもは自分だけの部屋が欲しいと思っています。子ども部屋を作ってあげたいという理由で、一戸建てを考える方も多いのではないでしょうか。

よし、子どものためにも一戸建てを建てようと決断して、どんな家にしようかと考えている時によく出てくる悩みが「子ども部屋の広さ」です。

子ども部屋を大きくしてしまうと、他の部屋が狭くなってしまうし、小さくしすぎてしまうと子どもに窮屈な生活をさせてしまうかもしれない。

成長するにつれて荷物も増えるから収納スペースはいっぱいあったほうがいいから広いほうがいいよね。

こんな感じで、子ども部屋の広さで悩まれる方って意外と多いんです。

そこで今回は、子ども部屋の最適な広さについてご紹介します。

子ども部屋の広さ

今回は子ども部屋を2部屋つくる場合での目安の広さを紹介します。

建物の総面積が30坪前後の家を建てる場合の子ども部屋は4.5帖、35坪前後の家を建てる場合は、6帖がちょうどいい大きさだと言われています。

これ以上大きくしてしまうと、他の部屋が狭くなったり、収納スペースが少なくなったりと他の部屋で不便を感じるようになるかもしれません。

また、これよりも狭いとベッドを置くだけで他に何も置けないということになります。

つまり、まとめますと
30坪前後→子ども部屋は4.5帖
35坪前後→子ども部屋は6.0帖
がオススメの広さということになります。

子ども部屋で迷った場合

子ども部屋は家族構成や子どもにいつ部屋を与えるのかで、その形状や大きさがかなり違ってきます。

もし子ども部屋で迷った場合は、まずは広い部屋を一つ作っておいてあとで間仕切り壁をつけやすい状態にしておきましょう。

最終的に壁を付けて二つに分けるのはそんなに手間が掛からないので、広い子供部屋にしておく方が後々いろんな使い方ができて便利ですよ。

その場合はさっきの広さを2倍にして、
30坪前後→9.0帖の一つの部屋
35坪前後→12.0帖の一つの部屋
がちょうどいい広さの子ども部屋ということになります。

熊本の注文住宅ならシアーズホーム
島田

関連記事

  1. 【家の建て時】早ければ早いほど得 その3

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2016年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930