シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

家の断熱ってなに?

この記事は約1分13秒で読めます

50be93fb6b2bc996c1b9726eded7afda_s

現在の住宅では断熱がとても重要視されています。
しかし、そもそも断熱って何?どういうメリットがあるの?
と思われている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は「断熱」について説明していきます。

断熱ってどういう意味があるの?

「断熱とは」字のごとく「熱」を「断」つ、という意味です。
かつての住宅はも、あまり断熱化がなされていなかったため、
熱が遮断されず、外が寒いと、家のなかも寒いということがよくありました。

冬場などは、部屋を暖房でガンガン暖めなければならないです。
特に風呂場は、凍えるような寒さになります。
そのため、「ヒートショック」が起こりやすく、脳溢血などを引き起こし、命を落とすケースもあります。

逆に、夏場は、外が暑いので、部屋も暑い。クーラーでガンガン冷やさなければなりません。

しかし、「断熱」することで、熱が遮断されるので、外が寒くても、家のなかは暖かいです。
外が暑くても、家のなかは涼しいです。家全体が温度差があまりないため、ヒートショックも起こりません。

住環境を快適にし、健康にもいい。これが「断熱材」の意味です。

「断熱」は環境にもいい

住宅の「断熱」化は、節電や地球温暖化対策にもつながります。

家庭からの二酸化炭素発生の原因は、一番が電気と言われています。

その中でも、もっとも電気を使うのが「エアコン」です。
電気使用量の約25%を占めているそうです。

ですので、断熱がきちんとされた住宅であれば、そこまでエアコンを使用しなくてもよくなります。
それが節電や二酸化炭素発生を減らす効果へとつながります。
さらに、節電できれば、光熱費が下がりますので家庭にも優しいです。

断熱材を良くすることで、家庭と環境によくなります!

新築住宅をお考えの方は、ぜひ断熱材にこだわってみてはいかがでしょう。

次回は住宅の断熱化について説明します。

熊本の注文住宅ならシアーズホーム
島田

関連記事

  1. 人は「愛」か「家の断熱」で温まる
  2. 【住宅ローン】金利が確定するのっていつ?
  3. 「家づくり」が資料請求で止まっているあなたへ

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2015年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031