シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

家づくりで大事な資金調達

この記事は約2分15秒で読めます

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

家を建てるは何千万円というお金が必要となりますよね。
そんな大金を貯金していて、一括で支払うという方はほぼいません。
みなさん住宅ローンでお金を借りています。以前は、借りれるだけ借りたらよいという考え方もありましたが、
最近では、無理なローンを組むと、その返済が家計を圧迫し、ローン破産をしかねませんので、計画的にローンを組む必要があります。

そこで今回は住宅ローンを借りる際のポイントを紹介します。

毎月いくら返せるか

住宅ローンを組む際に大切なことは、いくら借りることができるのかということより、いくら返せるのかが問題となってきます。
返せる金額が、これまでの家賃より少なければ問題はないのですが、多くなるようでは、家計を圧迫することになりますので、考え直す必要があります。
一般的には、年収の25%以下に押えるのが望ましいと言われていますが、返せる上限をよく考えて、どれだけ借りることができるのかを考えましょう。

低金利のローンで

住宅ローンの金利は、金融機関やローンの種類によりさまざまです。どこから借りるかを考える際には、
当然ながら金利の低いところから借りるようにしましょう。
住宅ローンの返済期間は長期なので、わずかな金利差でも返済金額は大きく変わってきます。
例えば、1000万円を25年の元利均等返済で借りた場合ですと、金利が1%違うと、毎月の返済額で約5000円、
25年間の返済総額では約150万円、2000万円借りたならば、約300万円の違いが出てきます。

1%でこれだけ金額が変わってきますので、金利の低いローンというものはとても大事です。

固定金利か変動金利か

住宅ローンの場合に気をつけないといけないのが、固定金利か変動金利かということです。

固定金利とは

借り入れ時に毎月の返済金額&総返済額の上限が決まるのが「固定金利」です。
長期間にわたり、高額なお金を借り入れることになる住宅ローンにおいては、金利変動のリスクにさらされることがなく、
将来設計や家計管理がしやすいという特徴があります。

変動金利とは

金利が上がったり、下がったりするのが「変動金利」です。

変動金利の特徴として
・ 金利の見直しは半年ごと
・ 返済額は5年ごと変更(5年間は返済額が変わらない)
・ 5年ごとの返済額変更時でも返済額は125%超にはならない

などが挙げられます。変動金利のメリットは比較的低金利で借りることができ、金利の低下時は総支払額を少なくできるなどがあります。
逆にデメリットとして、将来、もし金利が上昇した場合に、思いもよらぬ大きな出費になってしまいます。

どの住宅ローンを使うのかに加え、固定金利か変動金利にするのかも資金調達の面でとても大事となります。

頭金はできるだけ多く

頭金はできるだけ多く用意しておくと、借入額を少なくでき、月々の支払いを抑えることができます。

住宅を建てられる方は、小さいお子さんをお持ちの方が多いです。
子どもが成長するにつれて、学費や教育費などお金がかかるようになります。
そんなとき、月々の支払いが少しでも低いと助かりますよね。

今後住宅をお考えの方は、今から頭金として用意することをおすすめします。

まとめ

住宅のローンは何十年も払い続けなければいけないものですので、無理なく支払い続けることができるように、
計画的な支払額の設定が必要となります。

住宅ローンにも様々な種類のものがありますので、住宅会社の営業に相談したり、ローンアドバイザーの方に相談するなどして
計画的にローンを組むようにしましょう。

熊本の注文住宅ならシアーズホーム
島田

 

関連記事

  1. 【電気はどこから買う?】知っておきたい電力自由化の基礎知識
  2. 【熊本の土地探し】お買い得な土地なんてない?
  3. 家づくりで実現したいこと1位はなんですか?

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2016年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031