シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

安眠するために!寝る前にやってはいけない5つこと

この記事は約1分47秒で読めます

b41bae4c6903a577397b7e0856807c68_s

一日の疲れをとるために最も大事なこと。それは「睡眠」です。
しっかりと疲れを取るためには体が「睡眠モード」に切り替わる必要があります。

しかし人間の体はロボットではないので、スイッチ一つで切り替えができるわけではありません。
睡眠モードに入るためにはゆっくりと時間をかける必要があります。

寝てもなかなか疲れが取れない方は、この睡眠モードに入ってないのかもしれません。
そこで今回は睡眠モードに入るために寝る前にやってはいけないことを紹介します。

①就寝前に熱い風呂に入るのはNG

7fa1de8d7f37adcda21357d994f40ef4_s
就寝前に入浴する方は多いですが、温度に注意する必要があります。
就寝時にじわじわ体温が下がることで睡眠モードに入ることができます。しかし、熱い湯に浸かるとなかなか体温が下がりにくく、寝付きにくくなります。
就寝前に入浴する場合は少しぬるめの38~39度が適温です。

②夕方以降に睡眠をとらない

9fab06d448f22f3f44d4a1c4f4e1cefd_s
夕食後に満腹感で眠くなりついつい寝てしまう方も多いのでは?
しかし、それが夜の睡眠を妨害しているのです。夜の睡眠を確保するためにも、うたたねをせず、夜にがっつり寝るようにしましょう。

③寝酒をしない

68a315025294e384985283c28c87c48c_s
あなたのお家のお父さんは寝る前にお酒を飲んでいませんか?
お酒を飲むことで、気持ちよく眠りに付ける方もいると思います。しかし、寝酒は安眠の妨げとなります。
アルコールは一時的に眠気を誘いますが、睡眠のサイクルを破壊します。何度も目が覚めたり、トイレに行ったりなど睡眠が妨害されます。
しっかりと疲れを取るためには寝酒を控えるか、ごく少量の寝酒にするようにしましょう。

④夕方以降はお茶やコーヒーを控える

79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s
コーヒーやお茶にはカフェインが含まれています。カフェインには覚醒作用があり、眠気を妨げます。
このカフェインの覚醒作用ってどれくらい続くか知っていますか?実は9時間も続きます。
21時に摂取すると次の日の朝6時まで持続することになります。夕食後にゆっくりコーヒーやお茶を飲んでいる方も多いと思いますが、
できるだけカフェインレスのコーヒーやお茶に切り替えるようにしましょう!

 ⑤寝る前にスマホやテレビを見ない

f4535ad1f853a89d27d1d85e4a72a474_s
スマホやテレビから発せられる光はかなり明るいものです。
明るすぎるため、脳を刺激し、脳を休めることができません。

さまざまな情報が目を通して脳に伝えられるため、一種の興奮状態にもなります。
そのため、なかなか「睡眠モード」に入ることができません。

就寝の約2時間前からできるだけスマホやテレビは避けるようにしましょう。
どうしても見たい際は画面の照度を落としましょう。

まとめ

今回は安眠するために、寝る前にしてはいけない事を紹介しました!睡眠は日々の疲れを取るうえで最も大事なことです。
良い睡眠でしっかりと疲れをとって日々の家事や仕事を頑張りましょう。

熊本の注文住宅ならシアーズホーム
島田

関連記事

  1. シアーズブログリニューアル
  2. 太陽光発電システム
  3. 【家の建て時】早ければ早いほど得 その3

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2016年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29