シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

【家の建て時】早ければ早いほど得 その3

この記事は約1分41秒で読めます

【家の建て時】早ければ早いほど得 その3

こんにちは!丸本です。

「家の建て時は早ければ早いほど得」

今日はその3つめの理由です!

前回、前々回のブログはコチラから

【家の建て時】早ければ早いほど得

【家の建て時】早ければ早いほど得 その2

 早ければ早いほど得な理由 その3

理由その3は

「家賃は自分の資産にならないから」

です。

どういうことでしょうか。
その理由をみていきましょう!

80歳まで賃貸に住んだら、いくら掛かる?

もし今賃貸に住んでいるなら、毎月家賃を払っていると思います。

毎月8万円払っているとすれば、年間で96万円。当然ですがその96万円はあなたの資産にはなりません。

では、仮に現在30歳で80歳まで50年間家賃を払い続けるとしたらいくらになるでしょうか?

…心の準備はいいですか?

答えは、なんと4800万円です!(8万円×12ヶ月×50年)

つまり、80歳まで賃貸に住み続けると、自分の財布から4800万円が流れ出ていくということになります。

見える借金と見えない借金

住宅ローンであれば、借りる時に「いつまでに完済するか」という計画を立てて返していきます。

それに対して家賃には「完済」というゴールがないんです…。住み続ける限り、一生支払い続けなければなりません。

つまり、どちらにしても払わなければいけない。住宅ローンが「見える借金」なら、家賃は「見えない借金」なんです。

家を建てることは「家賃」を「資産」に変えること!

「借金する」というと抵抗を感じませんか?私はものすごく感じます。笑

なぜかというと、私たちは子供の頃から「借金、ダメ、ゼッタイ」と教えられているからです。

しかも住宅ローンは人生最大の借金。

一般的に3000~4000万円くらいの金額が、自分の借金として「見える化」されるわけです。誰でもそんなものは背負いたくないですよね。笑

しかし、賃貸に住んでいるのなら家賃という「終わりの見えない借金」を抱えているのと同じ。

生きている限り、必ず住居費は掛かります。住宅ローンとして払うか、家賃として払うかの違いだけなんです。

だったら、終わりの見える住宅ローンのほうがいいと思いませんか?

いかがでしたか?

本日のまとめです。

家賃を払い続けても自分の資産にはならない

住宅ローンは「見える借金」

家賃は「見えない借金」

住宅ローンはいつか払い終わる

大切なのは、「家」という資産を持って、定年後の住居費をできるだけ少なくすること。

住宅ローンを借りて支払うということは、家という資産を持つための「前向きな借金」だと思いませんか?

熊本の注文住宅ならシアーズホーム
丸本

関連記事

  1. 住宅の最新機能を人力で表現すると?
  2. 土地選び、住宅選びで夫婦の意見が合わないときの対処方法は?

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2016年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031