シアーズホームの家づくり

熊本の注文住宅ハウスメーカーの住まいのアイデアブログ

こんな症状がでたら注意! 熱中症のサインとは

この記事は約1分18秒で読めます

496abcc382f4f7542d9bcd00f44a3a4d_s

最近暑い日が続いています。
この暑さで、気分が悪くなったり、頭が痛くなったりしていませんか?

少しでも体調が悪いと感じたら、それは熱中症かもしれません・・・。
「体調が悪いような気がするけれど、このくらい平気」と放っておくと、悪化して救急車を呼ばないといけないような事態になることもあります。

熱中症は、早めに気づいて適切な処置を取れば軽症で済みますので、熱中症のサインを見逃さないようにすることがポイントです。
史上最も暑い夏と言われる今年の夏を安全に乗り切るために熱中症のサインを理解しておきましょう。

熱中症のサインとは

このような症状が出たら熱中症の危険性が高いです。

口が強く渇く
・めまい・立ちくらみがする
・生あくびが頻発する
・頭痛
・吐き気や嘔吐がある
・手足のけいれんが出る
・身体がだるくなる
・まっすぐに歩けない
・汗が出過ぎたり、出なくなったりする
・意識がなくなる、混濁する

何かおかしいと気付いたら、応急処置としてまず涼しい場所に移り、水分補給をしてください。
脳に血液が回りにくい状態になっているため、休ませる時は頭よりも足を高くしましょう。

また、汗をたくさんかくと水分だけでなく塩分も失われます。水分補給をする時は、水やお茶ではなく塩分が入ったものを飲むようにしましょう。

乳幼児の熱中症には特に注意!

乳幼児は汗腺が少なく汗が出にくいということに加え、体温調節機能が低下しているため体温が上昇しやすいです。
そのため、大人よりも熱中症にかかりやすいです。

乳幼児は自分で暑さを訴えることができません。そのため、ぐったりしてしまってから気付くことがあります。
ベビーカーを利用する人は多いですが、真夏にはアスファルトの照り返しは60℃近くになることがあります。
大人と比べて地表に近い高さであるベビーカーは、非常に危険なのです。

自分は暑くないから大丈夫と思っていても、赤ちゃんは暑くて苦しんでいるかもしれませんので特に注意して見てあげるようにしてくださいね。

熊本の注文住宅ならシアーズホーム
島田

関連記事

  1. 【熊本の土地探し】お買い得な土地なんてない?

注文住宅の新築一戸建て

アーカイブ

カレンダー

2016年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031